ショップス市川 ~地元民しか利用しないショッピングモール~

恐らく市川市民しか知らないであろう、ショップス市川

ただでさえ知名度がない上に、もっと規模の大きいショッピングモールの「コルトン」が近くにあるため、市川市民の中でも限られた地元民しか利用しないというこの施設。

しかも、HPがやたらとしょぼく、この洗練されていない感じが絶妙な地元感(田舎臭とも言う)を醸し出します。

しかし、通っていくうちに、なぜか愛着が湧いてくるショップス市川。

その魅力をファンの1人としてご紹介します!


 

 

やたらと不健康なラインナップのレストラン

ショッピングモールで欠かせないのがレストラン。

ショップス市川では1Fと2Fにお店があります。

1F

マクドナルド

ケンタッキー

リンガーハット

リトルマーメイド

 

2F

牛角

ステーキハンバーグ&サラダバー けん

しゃぶしゃぶ温野菜

サイゼリヤ

麺や 阿闍梨

いかがでしょう、このやたらと偏っているラインナップは。

ジャンクとジャンクと肉と肉と肉とらーめんです。

ショップス市川は市川市民を太らせようとしているのでしょうか。

サイゼリヤが健康的にみえるから不思議です。

ここの経営者が肉好きだという事がよくわかりますね。

 

 

ショップス市川で生活用品を揃えるなら

1Fにはスーパーの「生協」が入っていますので、近所の方々が買い物に使います。

また、同じく1Fに100円均一の「Watts」、ホームセンターの「ユニディ」、3Fには家具やインテリアの「かねたやROOMDECO」があり、生活用品を幅広く取りそろえることが出来ます。

ライバルの「コルトン」が、100円均一の「Seria」、家具の「ニトリ」を揃えているのに対抗してるのでしょうか。

 

 

ショップス市川で衣類系を買うなら

2Fには巨大な「スポーツデポ」が入っています。

ジャージ系の衣類、スポーツ用品全般、ゴルフ用品等、スポーツ系の特価したお店。

部活してる子のために例えば野球用品買ったり、ダイエットのためのジャージ買ったり、筋トレのためにプロテイン買ったり。

周辺にこのようなお店はないので、かなり重宝します。

 

同じく2Fには「シュープラザ」もあります。

 

 

2016年6月にオープンしたブックオフスーパーバザー

ブックオフスーパーバザー」には、本や漫画、CD、DVD等が大量に陳列されています。

カバーもかかっていないので、自由に立ち読みも出来るのも嬉しいところ。(立ち読みするなら一応節度を持ってね。あとたまには買いましょう。)

本だけでなく、家具や洋服、雑貨等、本当にさまざまなものが広大な店内(以前はヤマダ電機だった)に陳列されているので、何時間でもいられちゃいます。

 

 

ショップス市川で遊ぶなら

パチンコ560台、スロット296台(なぜ300台にしなかったんだろう…)を誇る、「ジャック&ベティ」があります。

市川市には駅前には割とパチンコ店があるのですが、案外車で行けるパチンコ店は少数。

パチンコ好きで車移動派の方にはおススメです(ショップス市川は駐車場代無料です)。

 

 

謎の京葉ガスサービスショップ

お客さんが入っているのを一度も見たことがない「京葉ガスサービスショップ」。

一応、ガス器具などを販売しているようなのですが、買う人いるのでしょうか?

正直無駄に思えてなりませんが、こんなところにもコストをかけられる京葉ガスって余裕あるんだなーと感心してしまいました。

 

 

無料で参加できるイベント

が時折開催されています。

豪華景品が当たるビンゴ大会とか、餅つき大会とか。

地元密着ショッピングモールなので、地元民に還元することを心掛けてくれているようです。

是非タイミングがあえば参加してみて下さい。

 

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です