市川市の保育園入園に必要な「点数」って何?【2018年度版!】

皆さん、市川市の待機児童は何名だかご存じですか?

2017年9月のデータですと、何と576名

まさかの全国第4位です!

しかし、これは国の算定基準なのですが、かなり基準が緩い…

保護者が育休中なら待機児童に含めない、無認可保育園に入っている児童は含めない、求職中は含めない等となっているため、実際にはこれ以上の待機児童が存在していることは間違いありません。

そのため、保育園入園への戦いが熾烈を極めています

市川市の保育園入園へのカギを握るのが「点数」

市川市では「基準指数」と「調整指数」と言われているものです。

基本的には、この「基準指数」と「調整指数」の合計数が高い方から保育園に入れることになっています。

早いもの順ではないということですね。

基準指数は以下の表をもとに計算されます。

※フルタイム労働の定義ですが、労働契約に基づきます。そのため、有給使って20日に足りない月があっても基本的には問題ありません。

多くの共働き世帯では

「月20日以上実働7時間以上の就労が常態」

に夫婦とも該当するかと思います。

その場合は、夫「20」+妻「20」=基準指数「40」となります。

 

この基準指数に下記の調整指数を足していきます。

まず、同居の65歳未満の祖父母がいると(共に仕事をしていれば別ですが)、一気に「-3」されますので、入園はかなり厳しくなります。

「17、同居している65歳未満の祖父母が保育することができないことの確認が出来ない場合 -3」

 

逆に、すでに兄弟が入園している保育園を希望する場合、「+3」されますので、かなり優位になります。

「4、入所等を希望する保育所などに兄弟姉妹(4月からの入所希望の場合は、卒園予定児を除く。)が入所等をしている場合 +3」

 

しかし、ほとんどのご家庭にとっては、育休が明けて復職することで得られる「+2」にとどまるかと思います。

「7、産後休暇・育児休業(制度有)が明け、復職する(外勤者に限る) +2」

 

そのため、基準指数「40」+調整指数「2」=「42」となるご家庭が多数を占めることになります。

現にこの制度になってから(2017年から指数の判定基準が変更となっています)、入園できた方に話を伺うと、兄弟がいて「43」以上となった方はほとんどが入園出来、「42」で入園出来た方と出来ていない方がちらほらといった感じです。

駅から遠いエリアは入園出来ている方が多いですが、駅周辺の保育園は「42」だと厳しい模様…

当落ラインが「42であることは間違いなさそうです。

 

保育園へ入園しやすくする方法は?

無認可保育園にひとまず入園するという手があります。

市川市では簡易保育園と呼びます。

その場合、「+3」されますので、非常に優位に立てます(一度簡易保育園に入ってから、認可保育園に転入希望を出すのはいつでもOKです)。

11、申込み児童を許可外保育施設に有償で預けているのを常態としている +3

 

「いやいや、無認可って乳幼児は8万位するんでしょ!?無理無理!!」という方も多いと思いますので、もう1つお金のかからない手があります。

仮に育休が3月までとれたとしても、もっと早くに、例えば8月とかから保育園入園希望を出すのです。

仮にすぐに入れなかったとしても、その分待機期間が伸びます。

そうすると、徐々に保育園入園に優位になるのです。

 

どういう事かと申しますと…

先ほどご紹介した基準指数と調整指数の合計値が、同じとなる家庭が沢山あります。

その場合、下記のような優先順位で決められることになっています。

多くの家庭は、両親がともにまだ健在市川市内在住基準指数は40となるかと思います。

そうなると、大事になってくるのが4の「待期期間が長い」かどうか。

この待期期間を稼ぐために、例えまだ育休中だとしても、早いうちから申請をし、待期期間を稼ぐ

もし当初の育休期間前に入園が内定した場合は、育休を切り上げてでも復帰するということになります。

 

内定した場合には、「翌月の10日までに仕事復帰しなければならない」と決まっています。

仮に復帰しなかった場合は

「19、希望した認可保育所等に入所の内定をしたが、自己都合により認可保育所等への入所を辞退し、その後6か月以内の再申請 -5」

となり、向こう半年間の保育園入園がほぼ絶望的なものとなります。

 

ここまでしなきゃいけないの?

と思われるかもしれませんが、実際に保育園入園が決まらずに焦っているご家庭では、やれることは何でもやります。

もう戦争です。

保育園戦争です。

 

保育園入園についての制度はしっかり出来上がっていますので、ちゃんとルールを把握して戦っていけば、きっと保育園入園を勝ち取れるはずです!

頑張って下さい!

 

市川市の保育園の入り方についてはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です