船橋市の保育園料っていくらかかる?高い?計算方法までバッチリ解説!

船橋市の保育園料って一体いくらなんでしょうか?

計算方法から船橋市独自の補助金制度まで、わかりやすく解説していきます。

船橋市の保育園料表

船橋市保育園料金表

この表をもとに計算していきます。

※標準保育(最長11時間まで)の表です。時短保育は最長8時間までとなり料金も少し安くなるのですが、ほとんどの方は標準保育を選ぶと思いますので、こちらで説明していきます。

 

市町村民税の所得割課税額が必要となってきます。

4月~8月分は昨年度の所得割課税額をもとに、9月~3月分は当年度の所得割課税額をもとに計算します。

毎年5月~6月頃に住民税の通知書が来ますので、そこの「所得割額」という項目に記載されています

世帯合算なので、共働きであればご夫婦分を合算して、上記の表にあてはめて下さい。

例えば、第1子で3歳未満、所得割額が夫婦合わせて30万円であれば、保育料は月に54,900円だとわかります。

 

ですが1つ問題があります…

皆さんそんなもの律儀に保存してます?

ということで、「年収しかわからないけど、保育園料が知りたい!」という方に、計算方法もお伝えしていきます。

 

年収から所得割課税額を計算する

計算式は

(年収-給与所得控除-所得控除)×住民税率10%=所得割課税額

計算式だけじゃわからないので、年収400万円、扶養に入っている妻、子供1人の家庭を例にとりますね。

 

まず、年収から「給与所得控除」を差し引きます

※給与所得控除は会社員に認められた経費処理のことです

年収400万円の場合、年収×20%+54万円を経費として扱ってくれます。

つまり、134万円。

400万円から134万円を引くと266万円となります。

 

ここから「所得控除」として、基礎控除33万円、配偶者控除33万円、社会保険料控除48万円(多少の誤差はありますがだいたい年収の12%ほど)を差し引いたものが課税対象額となります。(他にも生命保険料控除や医療費控除等も含みます)

266万円-33万円-33万円-48万円=152万円が課税対象額

 

この152万円に市町村民税(住民税)の税率10%をかければ完了です。

152万円×10%=152,000円

 

これを上記の表に当てはめると、月の保育料は37,000円に。

 

夫婦共働きで共に年収が400万円であれば、152,000円+152,000円=304,000円に。

月の保育料は57,500円になります。

 

是非ご自身でも計算してみて下さい。

※計算は簡略化しています。実際にはもっと細かい計算も入るので、多少のずれが生じます。あらかじめご承知下さい。

 

ちなみに、年収によって保育料が大きく違うのは、保育園は教育のためではなくて福祉が目的なためです。

国の管轄も、幼稚園は文部科学省で、保育園は厚生労働省です。

 

第2子・第3子以降は割引になるが…

第2子は半額、第3子は無料になりますが、注意が必要です。

これはあくまで、同時に保育園に通っている子が、2子以上いるかどうか

つまり、子供が2人いても、上の子が小学生で下の子が保育園児の場合、割引は適用されず第1子として扱われます。

要注意です。

 

船橋市の保育園って高い?

保育園料は自治体によって異なりますので、どうしても高い自治体と安い自治体が出てきます。

船橋市はどうなのかと言いますと…

実は周辺と比べても安い方です。

隣の市川市や習志野市と比べ、概ね1割程度安くなっています

特に高所得者に有利で、市川も習志野も最高額が月額7万円なのですが、船橋は6万円と割安です。

それだけでなく、船橋市独自の補助金制度もあるのです。

 

船橋市の保育園料補助金っていくらもらえるの?

保育園料の半分(ただし月3万円が上限)をもらうことが出来ます

いわゆる認可外の保育園に通う際に補助金を出す自治体は多いのですが、認可保育園に通う場合でも補助金を出しているのは少ないです。(財政的に豊かな浦安市でも上限が2.5万円)

この補助金も含めて考えると、保育料は千葉県内でかなり安い部類です。

 

保育園料という面から考えると、比較的船橋市は恵まれている方だと思います。

あとはすんなり保育園に入れれば…言うことなしですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です