市川市で最も家賃相場が安い街・高い街は?

市川市で家賃の安い街、高い街はどこなのでしょうか?

各街の家賃相場を比較していきますよ。

 

市川市の家賃相場

1K 2DK 3LDK
市川 6.14万 7.99万 13.77万
本八幡 6.52万 8.44万 13.38万
下総中山 6.43万 7.50万 12.32万
南行徳 6.03万 7.70万 11.50万
行徳 6.03万 7.72万 9.90万
妙典 6.34万 8.05万 13.16万
原木中山 5.81万 7.45万 9.99万
市川大野 4.09万 6.49万 8.17万
北国分 4.99万 6.08万 9.94万
※↓周辺街の家賃相場です。参考までに
新小岩 6.94万 9.43万 14.10万
西葛西 7.03万 8.50万 14.43万
船橋 5.91万 6.86万 10.24万

 

最も安いのは「市川大野」高いのは「本八幡」「市川」でした。

家賃の傾向として、【総武線沿線】>【東西線沿線】>【北総線・武蔵野線】 という結果に。

 

本八幡の家賃相場が高いのは、総武線と都営新宿線の2路線が通っている事商業施設が多い事市役所等の公共施設が多い事近年再開発が行われた事などが影響しているものと思われます。

現に、最も家賃が高いにも関わらず、今でも本八幡周辺の人口は増え続けています。

 

市川」も同様に、総武線各駅と快速が通っている商業施設が多い近年再開発が行われたためだと考えられ、市川周辺も人口が増え続けています。

 

市川や本八幡と比べて割高に感じたのが「下総中山」。

総武線しか通っておらず、駅前の商業施設もいまひとつ。

にも関わらず、家賃相場がさほど変わらないというのは意外でした。

そのせいか、ここ数年で唯一、下総中山だけは人口を減らしています。

これから徐々に家賃は下がってゆくのではないかと思います。

 

東西線沿線の「南行徳」と「行徳」は同じような家賃相場に。

南行徳の3LDK(ファミリー向け)の家賃が高いのは、ファミリー層に人気があり、ファミリー向けのマンション建設が増えているため。

この2つの街は、市川市内で最も都内に近い(総武線より東西線の方が都心まで早いため)のに、市川や本八幡よりも家賃が割安になるので、(商業施設は少し減りますが)都心に勤務先があり、家賃を抑えたい方には非常におすすめです。

 

家賃をもっと抑えたいなら「原木中山」もありです。

より商業施設は少ない(というかほぼない)ですが、家賃は安し、治安も良いです。

 

逆に、「妙典」は東西線沿線の中で一番家賃が割高に。

比較的新しいため築浅の建物が多い始発が出ている治安が良いということで、非常に人気(特にファミリー層に)があります。

まだ新しいため、商業施設が少な目なのが唯一の欠点。

 

北国分」は基本ファミリー向けの街で、1K等はそもそも数が少ないです。

まだ周辺には畑も多く、開発の余地が多く残されていますので、【畑にマンションが乱立→供給が需要を上回り家賃下落】の可能性も少なくありません。

 

市川大野」は武蔵野線だと利便性がガクッと落ちる駅前にほとんど商業施設がない(むしろ大通り沿いの方が充実している)ため、非常に家賃が割安です。

団地が多いことも家賃相場下落の要因と言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です