市川市にも信号がない町があるんだぜ!

「信号がないとかどこのド田舎の話だよ(笑)」

と思いきや、実は市川市にも信号がない町があります。

稲越町 (いなごしまち)です!

 

 

稲越町って?

人口は3,200人程度(2017年現在)。

場所は市川市の最北部で、西に東国分や堀之内、南に曽谷、東と北は松戸市と接しています。

信号もないのですから、当然コンビニもありません。

家と畑と学校しかありません。

 

 

地域活動が盛んな稲越町

例えば、毎年ゴールデンウイークに国分川調節池で開催される「国分川鯉のぼりフェスティバル」は、かなりの規模を誇ります(稲越自治会と国分7丁目自治会が主催)。

500匹を超える鯉が空を泳ぎ、出店も沢山出るこのお祭りは、稲越町の人口を大きく超えるほどの人が集まります。

 

地理的に住民の流入が少ないためか、地域の結束が強いんですね。

他にも、地元神社でのお祭りなんかもしっかり開催されています。

ただ、「近年神輿を出しても担ぎ手が少なくて…」なんて声も聞こえてきますので、「神輿担ぎたい!」という方は是非援軍に駆けつけてみて下さい。

神輿って肩えぐられるんじゃないかって位しんどいですよ。

 

 

信号がない位町が廃れてるのかと思いきや、そんなことはないんですね。

シンプルに交通量が少ないのか、交通マナーがよほど良いのか…

 

ちなみに、信号って1台400~500万程度かかると言われています。

高っ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です